多重債務の解決方法

多重債務を解決する4つの方法

多重債務を解決する方法として、主に4つの方法があります。
その4つとは、

「任意整理」・「特定調停」・「個人再生手続」・「自己破産」

という方法になります。この4つの方法のことを「債務整理」を行うときに使います。この4つ方法はそれぞれ特徴があり、本人の返済能力や借金の金額等により、どの方法が一番適切なのか違いがでてきますので、自分にあった最も適切な方法を選択しましょう。どの方法も、多重債務者の生活を再建するための救済手続きになっています。多重債務(借金)は必ず解決する方法がありますので、多重債務を解決する債務整理の方法を正しく理解して、一日も早く生活を立て直ししましょう。

多重債務を債務整理する4つの特徴

任意整理

債権者(貸し主)と話し合いをして、借金の返済方法や金額を決め直す方法。
個人と債権者同士で交渉する事も出来ますが、あまり得策とは言えませんので、通常、弁護士や司法書士に手続きを依頼して、利息の再計算や支払方法変更の交渉をしてもらいます。

利息の再計算をすることにより借金残額の減少が見込めるでしょう。
特徴:弁護士等の費用はかかるが、結果的に借金が減額されるのでそれほどかからず、また任せておけるので安心です。

特定調停

裁判所に申し立てをして、調停により借金の返済方法や金額を決め直す方法。

債権者(貸し主)との交渉は調停委員がしてくれるので、法律の知識がない人でも大丈夫です。利息の再計算をすることにより借金残額の減少が見込まれます。

特徴:数回、裁判所に出向く必要があるが、費用が安い(債権者1件あたり数百円程度)。ただし、交渉結果には判決と同じ効力があるため、支払計画を守らないと、即、財産の差押えをされるおそれがあります。

個人再生手続

裁判所に申し立てを行い、借金の一部を3年間程度で払うことを条件に、残りの借金返済を免除してもらう方法。

申し立て手続きが難しくなっており、通常、弁護士等に手続きの依頼をする場合が多い。この方法を利用するためには、住宅ローンを除いた借金が5千万円以下であり、また将来的に一定の収入が見込める等の条件があります。
特徴:住宅などを差し押さえられずにすむ。借金元本の一部をカットできる。

自己破産

裁判所に申し立てを行い、自分が持っている分の財産を債権者(貸し主)に分配し、残った借金は全額免除してもらう方法。

申し立て手続がやや難しいため、通常、弁護士等に依頼する場合が多いようです。土地や家などの資産がある場合は、お金に換えて債権者に返すことになります。ギャンブルなどが借金の原因の場合は借金の免除をしてもらえないこともある。

特徴:半年程度で借金から全面的に開放される。裁判所から免責の決定が下りるまで、生命保険募集員や警備員等の一部の職業につけない、居住地を離れる場合は許可がいる、手紙は管財人が確認する等、多少の制限はありますが、通常の生活には支障はありません。

recommend

最終更新日:2017/1/24