多重債務に陥る理由

多重債務に陥る理由とは

多重債務に陥る理由とは何でしょうか?そこでここでは考えてみたいと思います。

新聞やニュースでも最近よく取り上げられていますが、お金の借りすぎによって多重債務に陥ってしまい、自己破産する人口が増えてきており、現在では、多重債務や自己破産は大きな社会問題にもなってきています。

借金をするべきでないということは誰でもわかっていますし、それに輪をかける多重債務に陥ることは絶対に避けるべきと考えているはずなのに、多重債務に陥ってしまう人の人口が増えてきているのが現状になっています。

その理由としては、不慮の事故によるの為や病気、事業の失敗などによる生活苦の為に、借金をしてしまう人もいると思いますが、中には、パチンコやスロット・競馬等によるギャンブル、交遊費などの理由により、キャッシングを利用してしまい、歯止めが利かずに借りすぎて多重債務に陥り、自己破産してしまう人が後を絶ちません。

その主な原因としてあげるとすれば、キャッシングの手軽さが原因になっているとも考えられます。

現在では、町の至るところに無人契約機が置かれていますし、また、借りるときも、手間や時間もかかりませんし、24時間いつでも借りることができます。キャッシング会社での「借金」は、銀行から融資を受けるのと違い、銀行のように審査も厳しくなく、極めて手軽にお金を借りることが出来ます。キャッシング会社のキャッチコピーも、「スピード審査で即日融資」、などと書いてある場合もあり、お金をすぐに借りたい人にとっては、消費者金融のキャッシングは安心して簡単に利用できるのです。

しかし忘れてならないのは、キャッシングとは借金しているという意識を持ち続けることです。借金には返済の義務として「債務」が発生します。手軽にキャッシングとして借金ができるので、お金を借りすぎてしまい、気がつけば自分の返済能力を超えてしまい、こうなると借金を返済するために、また別の消費者金融から借金をする事態に陥り、利用するキャッシング会社を増やしてしまい、多重債務に陥ってしまう一つのシステムと言えるでしょう。

多重債務に陥る理由の一つとして、利用者の借金に関する意識に問題があると思えます。消費者金融からお金を借りる前に、「借金は簡単にできるが、借金の返済は大変である」という当たり前の事実をきちんと認識しておくべきです。
もちろん手軽に安心してキャッシングできることは、悪いことと言っているわけではなく、それどころかキャッシングを上手く利用すことができれば、生活をしていく上でとても便利で、人生を豊かにしてくれる事にもなります。

浪費だけが多重債務に陥る原因にはならない

浪費だけが多重債務に陥る原因と考えている方も多数いると思います。
「ギャンブルやブランド品の買いすぎで浪費がが多いから」とか「お金を借りる考えが甘いから」と言う意見もありそうな気がしますが、何も多重債務者になるのはこのような人ばかりではありません。

確かにギャンブル抜け出せないとか、収入以上にブランド品をクレジットで買いすぎてしまい、多重債務者となった方も多数存在すると思います。
このようなケースは、自己管理の部分でコントロールすれば解決できる事ですのですが、多重債務に陥った人たちの中には、「親の借金を肩代わりした人」「身内に病気の人がいて、高額な医療費を支払うために借金をした人」、とこのような原因で借金をしてしまい、多重債務に陥る人たちもいます。

多重債務者になった方の共通点

多重債務者となった方には意外な共通点があるのです。

それは、急ににまとまったお金が必要になった場合に、早く問題を解決してしまいたいが為に、金利や資金使途に合ったローンの検討を考えなく、すぐに用立てしてくれる比較的高金利の消費者金融などに申込んでしまう事でしょう。

数十万円程度なら1社で間にあうかもしれませんが、百万円以上のお金が必要な場合には、消費者金融にも限度額があるため、1社では足りず、2社・3社と渡り歩いてしまい、必要な金額に達する頃には、何社も消費者金融からの借金になって、月々の支払いがきつくなり、最悪な結果として自己破産となった方もいるのです。

Valuable information

at限定解除
https://www.shinshu-ina.com/course_price/course08.php

2017/1/24 更新